北川先生

2月10日 

今日は、ZOOMに北川先生をお招きして、曲の解説をしていただきました。
昨年レッスンをご依頼した後、はじめてオンラインでお会いすることができました。

かなうた第2集「ひみつ」
1)1声からはじまり、2声になり、3声になり、また1声で終わる。
  分散された時、トーンダウンして弱弱しくならないこと。

2)先のパートの音をもらってリレーしていく旋律は、全パートを一人で歌って練習
するとよい。

3)黒鍵も臨時記号も使わない曲、わらべうたのような女声合唱曲です。

「翼」
 詩がエネルギッシュなので、しっかりとしたハーモニーの4声の曲にしました。

 ただ頑張って歌うのではなく、強弱、コントラストを1曲の中、曲集の中で考えて
歌いましょう。

 最後のfが高らかに歌えるよう、全体を見通してペース配分しましょう。

 どこのパートがセットで動いているか、理解するといいですね。
 

作曲家の先生から直接お話していただくのは、貴重な経験ですね。
気さくで誠実なお人柄が感じられ、皆好印象のようです。
リアルな練習が待ち遠しいです。
            (K)

安満遺跡公園にて

10月28日

今日は2週間ぶりの安満遺跡公園での練習です。

2回目なので戸外の練習に少し慣れた様子。

暑くもなく寒くもなく気持ちよく過ごせました。

Kさんがスピーカーを用意してくださったので、伴奏付の『ハレルヤ』を歌うことが
できました。

速い曲なので入り損ねると歌えません。

練習を重ねるしかないようです。

『翼』の譜読みをして、最後に『To Live』を歌いました。

 

練習後は恒例(?)のイタリアンレストランでのランチです。

Kさんがアクリル板を用意してくださいました。

 

店の方が「これを持参されたお客様は初めてです。」と驚いていました。

おいしい生パスタをいただく以外の時間は、マスクをつけておしゃべりを楽しみまし
た。

予約や準備等、いつもTさんとKさんにお世話になり、感謝しています。

(F)

暑中お見舞い

8月5日

 暑中お見舞い申し上げます。

 やっと梅雨明けしたと思ったら、この猛暑。そしてコロナ禍の中での

水曜日のミーティングは、楽しくほっとできる時間です。

 今日は、Iさんがバーチャル背景で参加されました。背景でこんなに印象が

変わるのですね。ひとしきり盛り上がりました。

 「To Live」をパート練習しました。一度おのおの録音して合わせてみて、

修正していくことになりました。

 まだまだコロナはいつ収束するか、見当もつきません。当分リモート合唱を

続けることになりそうです。私も、録音の困難に慣れていくしかないようです。

                   (K.F.)

モーツァルトのアヴェマリア

2月19日

 今日も、みやの楽々園の慰問コンサートに備えて練習をしました。

 モーツァルトのアヴェマリアはとても奥深い曲です。シンプルな旋律が、カノンに
よって複雑な曲に様変わりします。

 今はまだ、正確に歌うことに一生懸命ですが、他のパートとのハーモニーを楽しん
で歌えるようになりたいと思います。

                   (K.F.)