金岡先生レッスン

4月21日 金岡先生レッスン16回目。
コロナ禍でなかなかお会いすることができないけど、画面からも先生の可愛らしい親しみやすい人柄が伝わって楽しみです。
ただ、私は16回のレッスンの成果はどこに?
という感じで、ちょっと先生に申し訳なく思います。ウォーミングアップはバッチリですが😅

今回の曲は前回に引き続き
Magi videntes stellam。

最初のイメージについて
ソプラノ、メゾは教会の高い天井をイメージして細くて高い響きを。
アルトは、芯を保ちつつ柔らかく深いイメージで。

MagiのMは口を強く閉じ過ぎないこと。

後半のAlleluyaも難しい箇所ですが
lu は口を少しすぼめるように発音し、日本語のル にならないようにすること。
またブレスするタイミングは、口を開けると同時に息を吸うようにする。
ブレスはいつも深くするのではなく、
次に歌う長さによって息の量を調節すること。例えば、胸まで息を入れるか、顔ぐらいまででいいかなど。
何小節かを取り出してブレスの練習をしてみると良い。
なるほど❗️と思う事ばかりです。
あとは練習するのみです😅

ところで、季節は一年中で一番というぐらい爽やかな美しい季節、いつもならあちこち出かけたいところです。なのに、
今日、3回目の緊急事態宣言が出され、
気持ちも沈みがちのところに、悲しい事がありました。
年に一度一泊旅行してた7人の同級生のひとりが先日病気で亡くなりました。
みんなこんな事はもっと先の話と思って
ました。
もう会えないと思うと本当に淋しいです。
みんな元気でいましょうね❣️
            (Y)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です