“Stay at Home” ZOOMでコーラスの試み その2

ZOOMインストールの巻

 2回目は、ZOOMのスマホへのインストールの実際についてレポートします。

 Dさんに試してもらいました。固定電話で話しながらのスマホの操作でした。
 わたし、CVのノート・パソコンでZOOMを立ち上げ、ミーティングを開始。Dさんをそのミーティングに「招待」しました。実際には、Dさんにメールを送信しました。そのメールに表示されたURLをクリックしてもらうと、初めてZOOMを使うDさんのスマホにZOOMアプリがインストールされました。

 そこで、もう一度、メールに表示されたURLをクリックしてもらうと、最初とは違った画面となりました。
 
 「『ミーティングに参加する』って出たけど、これ押すの?」、「そうそう!」と、電話でのやり取り。

 簡単につながりました。Dさんの声がCVのパソコンから飛び出してきました。

 ところが、簡単ではありませんでした。ZOOMアプリには、「ミュート」やら「ビデオ」やら「共有」やらいくつかのアイコンが付いています。これがスイッチとなって切り替えができるのです。ああだ、こうだとやっているうちに、その設定がグチャグチャになってしまいました。声だけ聞こえて、画像がなくなったり、こちらの声が届いていなかったり…。

 CVのスマホはAndroidですが、Dさんのはiphonです。その違いが混乱に拍車をかけたのかもしれません。 その夜は、あきらめて「退出」となりました。

 このままでは前に進めません。CVと同じ機種のスマホを使っているEさんに付き合ってもらいました。固定電話での会話で、インストールはできたようです。そして、こちらもあれこれ操作しているうちにわからなくなりました。

 「一度、再起動してもらえますか?」。それが地獄への入口でした。

 「画面から色が消えて、セーフティーモードで起動って出てます」

 あわてました。ひょっとしたらスマホのデータ消失の危機かもしれません。「スマホ、そのまま触らないでください」とお願いして、Eさんの家に車を走らせました。幸いなことに手に取って操作したスマホは無事に再起動され、ZOOMもインストールされました。地獄に落ちなくてよかったです。

 Eさんが「お茶でも」と誘ってくださいましたが、「3密」を避けて庭先でのやりとりで失礼しました。
            (つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です