目的を持って進む

 4月27日 自主練

今回も対面での練習ができました。
やはり今日もクレドです。難しいです。
前回の北川先生のレッスンで、随分歌いやすくなったとの声も。
今日はフレーズやアクセント、言葉の意味に注意をはらいながらの練習でした。
勿論ハンドサインの練習も。 私はメタメタでした(反省します)(練習不足です)
次回金岡先生のレッスンでは、問題の所を取り出していただき指導を受ける事に。

クラルスの今後についても–
やはり目的を持って進む方がいいとの意見がありました。
何時どういうものをなど未定ですが。

ゴールデンウィークをはさみコロナも心配ですが、この時期新芽🌱も芽吹き花も咲き揃い、大好きな季節です。
我が家もクリスマスローズに代わり薔薇が咲いてくれています。
鉢植えのさくらんぼ🍒ですが三年めで初めて食べられそうです。
おそらく鳥との戦いになります。
   (J.S)

金岡先生ヴォイトレ

2021/12/22

今日は今年最後の練習納めの日。金岡先生のヴォイトレでした。
金岡先生にはこの一年ずっとリモートでヴォイトレをお願いし、秋になってようやく感染者が減少。初めて直接お目にかかる事ができ、対面のレッスンをしていただけるようになりました。

いつものようにストレッチ、発声を換気の小休憩を挟みながら丁寧に見ていただきました。
その後クリスマスにまつわる2曲。Magi videntes stellam ときよしこの夜を練習しました。

きよしこの夜の編曲は、朝ドラの中でアメリカ軍の将校3人(女性)がクリスマスパーティでカッコいい編曲で歌ったもの。早速メンバーのTさんが採譜してくださり、楽譜に起こしてくださいました。
クラルスはこんな風に直ぐ聞き取って楽譜にできる人、パソコンに秀でている人など頼もしい人たちがたくさんいます。

女声3部にオブリガートがついており、オブリガートは金岡先生に歌っていただくという贅沢な顔ぶれ!
透き通った清らかなお声のオブリガートで、格調高いきよしこの夜になりました🎄
外は寒いけれど、部屋の中は家族が暖かい食事を囲み笑いに包まれた温かい雰囲気をイメージして歌いましょう!、とアドバイスいただきました。

今年もコロナに翻弄され、顔を合わせての練習が困難な時が続きました。
どうか引き続き対面練習が続けられますようにと祈りながら帰宅しました。

そしたらショック❣️ なんと国内初のオミクロン株市中感染者が大阪で出たとのニュース。
オミクロンなんかに負けないぞ!、と強い気持ちと感染対策で、引き続き来年も注意深く過ごしましょう。

(Y.T)

遠足とランチ

11月24日

コロナも一旦下火に、緊急事態宣言も解除され少しだけ日常が戻ってきました。
リモートでの練習から対面の練習へと、とても充実しています。

今日は紅葉シーズンでもあり2年ぶりに遠足へと繰り出しました。
長岡京市の光明寺です。言わずと知れたもみじの名所です。

10:00に集合、
体温測定・消毒をすませて総門から「女人坂」と呼ばれる表参道を上がります。

傾斜が緩やかなのでこの呼び名があるそうです。

紅葉の時期だけの花手水に感激、阿弥陀堂へ。

途中に法然上人の石棺があり、その横に今にも折れそうな枝の大きな古木が聳えています。
もみの木です。

御影堂・釈迦堂等を経てもみじ参道を下り、総門に戻ります。
昨年はあまり紅葉していなくて残念な思いをしましたが、今回は素晴らしかったです。
晴れ女の願力でしょうか。前日の天候とは違い穏やかで綺麗に青空が広がりました。
もちろんメンバーのみんなも笑顔があふれていましたよ。

遠足といえば勿論ランチもお楽しみ。
光明寺の門前にある、とうふ料理やタケノコ料理がうりの「京料理」の店です。

勿論、「おいしかった!」
主婦にとっての外食は又格別、私だけでしょうか

そのあとは老舗のお菓子屋さんへ。

玄関先でみんなの足が止まりました。「スウィーツ」の看板です。
ここでいただけます。

先ずは別腹で甘いものを
チョコレートのソフトです。「うーんチョコレート」

「おいしい!!」 みんなの笑顔が物語っていますね。
お土産もゲットして14:00ごろにお開きとなりました。
久しぶりのメンバーとのお出かけ、のんびりと過ごせましたね。
全員が参加できてよかったです。

動画(Kさん撮影)もあります。

次回12月1日は自主練になります。      (s)

春がやって来た!!

 すっかり葉桜になりましたが、新緑に心癒されています。
 静岡での仕事の途中に通るお茶畑では、たくさんの新芽が出番を待っています。 (E.Y)

 今年は庭の藤も早々と咲きました。 (N.T)

賑やかなひととき

9月23日

 定例のzoomミーティング、メンバーの顔が出揃うのも待ち遠しく賑やかにお話が始まります。

 今日は、4連休中に済ませたアルカデルトのアヴェ・マリア(混声版)の動画撮りのことから始まり、忘れ物の話、伊吹山、醒井の梅花藻、名神高速道路の渋滞、京都へのお墓参り、体重計、ウォーキング、アプリの歩数計のことなど、次々にお話が展開していきました。

 「いつか しまなみ海道をみんなで歩こう!」という話には心惹かれます。

 8月に参加したテレコーラスも話題にのぼりました。
 ”エンターテイメント性の強い音楽が求められているのだな”という感想ですが、次回、ジャンル別になれば、私たちはもっと参加しやすいと感じます。

 コロナ禍の中での合唱は、とにかく試行錯誤です。
 同じ場所で、同じ時に声を合わせて思いがシンクロすることこそ合唱の醍醐味なので、リモートの今はもどかしく思うことがいっぱいです。メンバーの誰もが、リアルに歌いたいと感じていますが、今は感染状況をみながら、リモートでできることに力を入れて、少しでも良い音楽に近づこうとしています。

 そこで、今日は25日が音声提出締め切りのモーツァルトのカノン、アヴェ・マリアを練習しました。
 ずーっと長く歌いこんで、この曲の良さを存分に味わいたいです。
                 (I)   

クラルス 🎂 1歳になりました 

9月9日

8月のままで忘れていたカレンダーをめくると赤く色づいたコキアの写真が。
厳しい暑さの毎日でしたが少しづつ秋の気配が感じられますよね。
今朝も随分心地良かったですよ。

さて、9月4日はクラルスの1歳の誕生日。(忘れていました。ごめんなさい)
クラルスのロゴマークやお揃いのTシャツも出来ました。
参加させていただいて本当に良かったです。
いつもお世話をして頂いているTさんご夫妻に感謝です。

練習場所の磐手公民館に行けなくなって7~8か月、幸いzoom会議・リモートで歌えることの有難さを実感します。
コロナ禍の中zoomで会議、リモートで歌えることの有難さ、色々とお世話をおかけしているフットワークの軽いKさん、本当にありがとうございます。
会議はいつも賑やかです。
以前のように美味しいものをいただきながらというわけにはいきませんが…

今日はTo Live とモーツァルトのアベ・マリアの2曲でした。
To Liveは英語と日本語を合わせ見ることで言葉の意味を感じ取ろうということになり、Iさんに読んでいただきました。とてもよかったです。
アベ・マリアは4声の為、Tさんが2パート担当してくださることになりました。

 締め切り日  To Live=9/18   アベ・マリア=9/25
 写真     9/20=13:00 ~ 、13:30~ 、18:00 ~
        9/21=13:00 ~ 、13:30~  だそうです

なかなかうまく歌えませんが頑張って送ろうと思います。

安満遺跡公園で歌う話が出ていましたが、たまたま関係しているスタッフと出会い可能かどうか来てみたら、大丈夫みたいです!
実現するといいですね。 楽しみです。
                  J.

テレコン 本山先生からの講評

 テレコンに応募したアルカデルトの「アヴェ・マリア」に、主催者の先生方が講評をくださいました。 

本山秀毅 より:
7月 24, 2020 10:58 pm
全体の音響については残響などで効果をあげることは出来ても、個々の音程は修正が難しいとすれば、清潔なピッチで取り組んでおられて曲の内容をしっかり伝えておられたと思います。リアルな合唱の場面でこの感覚をどのように生かされるかが課題ですね。背景や衣装へのみなさんの並々ならぬこだわりも感じました。

越後屋 より:
7月 23, 2020 3:46 am
この曲、少年合唱をやっていた50年前に、必ずコンサートやアンコールに歌っていた曲で、とても懐かしく聴かせて頂きました。
なによりこのリバーブ効果。。。初めて東京聖マリアカテドラルで音の渦に飲み込まれて戸惑っと日を思い出し、荘厳な心持になりましたよ。

現場に戻り、またヨーロッパの教会にで歌える日がくるのが楽しみですね。