生き生きした音楽を💕

2022/11/16 自主練習

市民音楽祭での反省を引きずりながらも、先週から北川先生作曲の「翼」と「ひみつ」の練習をしました。
先週はリモート練習以来、対面練習での初めの合わせとなり、遥か彼方の記憶を呼びお越しながら心もとない練習となりました。
今週は少しづつ記憶が蘇り、ソプラノに関して言えば、高音を如何に楽に発声するか、皆で知恵を出しあいました。
子音が邪魔して喉が詰まり易すく、子音はメゾ、アルトさんにお任せして母音のみにすると、喉が開いてとっても楽❣️
この点は次のボイトレで金岡先生にレッスンしていただきたいところです、

思えば私の合唱人生で、作曲者自らレッスンしていただいた経験がありません。
月末の北川先生レッスンでは、どのようにご自分の作品を料理なさるか、とっても楽しみです💕
シェフ!、宜しくお願いいたします。

練習後はYさんが沢山の冬瓜を持ってきて下さり、皆で山分けしました。
音楽も料理も新鮮な材料がいのち!
若くはない私たちですが、お若い北川先生から沢山の事を吸収して、生き生きした音楽を作っていきたいです。

Y.T

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です