まゆとり歌

松下耕作曲の「女声合唱のための 湖国のうた紀行」です。

まゆとり歌

きせない

甲良の子守歌

船おろし歌

この4曲で構成されています。

「まゆとり歌(C0c00n Spininng Song)」は、湖東地方近江八幡市に伝承される女性の労働歌である。養蚕業の単調で気の長い作業を紛らわせるためであろう、その旋律は素朴で美しいが、その動きは躍動的で高低差に富み、とても生き生きとしている。静かで穏やかな表情の中に、ダイナミックな旋律線が内包されているのが魅力である。私は、この美しい旋律に、さらに美しい和声を付加することにより、この曲の世界をより立体的に表現したかった。

松下 耕 (楽譜の前書きより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です