金岡先生の対面レッスン

今年の造幣局の桜です

4月13日

1月以来の金岡先生対面練習です。

メゾとアルト2声の部分や、ソプラノが歌い疲れてくる部分を取り出して、細かく丁寧に教えていただきました。

「練習中は間違ってもいいから、大きな声で気持ち良く歌ってください。

そうすると他のパートもよく聞こえるので、アンサンブルもやり易くなります。

それから、どんどん修正してひき算していけばいいですよ。

そうして他のパートと曲を作り上げていくのが楽しいです。

マスクして歌うようになって、気持ち良く大きな声を出していないように思います。

まずは表情筋を動かして大きな声で歌いましょう!

(F)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。