2023年 練習始め

2023年1月11日

今年のクラルスは北川先生のレッスンで始まりました。
お正月の間に鈍ってしまった声と身体(お腹)を起こすための発声に続き…

アベ・マリア(モーツァルト)
・ 8分音符、丁寧に降りる。
・ 常に線で捉えて音楽にする。
・ パートを混ぜて隣を頼らず歌う練習も大事。

To Live
・ 英語の歌は語尾をしっかり。
・ 冠詞を名詞に付けてフレーズを作る。
・ 二重子音、二重母音に注意。

ドラマチックに作られているこの曲、PPを軸に組み立ててP 、mf がぼやけないようにする。


・ mfをしっかり歌う(低い音でも強さが必要)
・ 助詞「は」が大きくなると音楽が停滞する。

今年から先生のレッスンが月2回になります。
常に「お腹を使った発声」を意識し、4月の合唱祭に向けて、大いに前進したいと思います。

     ( U )

充実のレッスン 

10月5日

約二ヶ月半ぶり、北川先生のレッスンです。
11月の市民音楽祭まではKYRIE、GLOLIAに集中。

・ フレーズを長くとらえる。
・ 同じ音は同じピッチで歌う。
・ 音符、歌詞、イメージを結びつけて覚え、
  それを音楽にし、歌にする。

発音についても細かく指導して頂きました。
・ 特にuは丁寧に、eは浅くならない。
これは全てに共通することだそうです。

今日の締めくくりはパートをバラバラにし、独立して歌えるかのメンタルトレーニング。
正しく歌えていたかどうかは自信がありませんが、
他のパートとの係りがよくわかり歌いやすい、と思いました。
またパート内で立ち位置を変えるだけでも全然違って聞こえます。
色々試してみると新たに気付く事もあり楽しいです。

再来週以降、北川先生のレッスンが続きます。
教えて頂いた事をしっかりと身につけ本番を迎えられるようにしたいと思います。

     ( U )

♬ 充実の自主練 

7月13日

今日の自主練、
KIRIEからAGNUS DEIまで通してみました。
「全音下がってる」と言う結果ではありましたが、
それでも途中で止まることなく、何とか最後まで歌いきる事ができました。

GLORIAの26小節〜の4分音符は粒をはっきりマルカート気味に。
AGNUS DEIは音楽が停滞しないよう前に進める。

みんなで聴き合い、感想を言い合いながらの充実した自主練でした。

次回は北川先生のレッスン。
「楽譜にかじりつかず、少しでも指揮を見れるように…」が今週の宿題?かな。

   ( U )

少人数でも頑張りました♬

4月6日

参加者7名での自主練はクレドの後半。
2声が平行して動いているところは、その音程の確認。
長いフレーズを歌う時はエネルギーの配分を考え、声の節約をする、など細かく丁寧に練習しました。
また、それぞれのパートで課題となっている箇所をピックアップ。
来週の金岡先生のレッスンでアドバイス頂く予定です。

クレドを最初から通して今日の練習は終了。
長いこの曲、少しずつ短く感じられるようになってきたのは練習の成果??
まだまだ先は長〜いけれど、多分いつかはできるゴールを目標に頑張りたいと思います。

     ( u )

巻き舌めざして❗️

3月16日 金岡先生リモートレッスン

今回は巻き舌の練習から始まりました。
と言っても、メンバーの半分以上はいつでもどこでも巻き舌OK!なので、残りのできないメンバーの練習にお付き合いしてもらった感じです。

金岡先生はもちろん、北川先生のレッスンでも巻き舌習得は外せない項目になり、今まで真面目に取り組んでこなかった私も一念発起、なんとかマスターしないと(^_^;)

そこで、先生は巻き舌の仕組みをご自分の舌を使ってわかりやすく話してくださいました。

まず、口元は脱力してリラックスすること。

次に、舌先は上の歯の根元に軽く触れるようにして上顎に舌を置く。

そして、舌先を歯から離さないように意識しながら息を吐いて舌を振動させる。

リモートなので、マスク無し、先生の口元をアップで見る事ができて、とてもわかりやすく感じました。

練習するのにラ行の言葉はいろいろありますが、「とろろごはん」を例にあげられたので言ってみたら、巻き舌の感覚をなんとなく掴めた気がしました(^.^)
先生に感謝! あきらめずに練習、練習!!

曲は引き続き難曲の CREDO がんばろう〜♪
(Y)

再びzoomに…

1月19日

このところの急激な感染拡大で、軌道に乗りつつあった対面練習を一時中断。
長く続いたzoomもようやく卒業!と喜んだのも束の間でした。
とっても残念ですが先ずは安全が最優先です。

で、今日の練習は…
来週北川先生に聴いて頂くクレドの後半。
Tさんのピアノに合わせ、音とリズムの確認をしました。
ハンドサインの復習も。
今はまだぎこちなくてキラキラ星レベル。
音程確保に役立つという事なので、とにかく練習あるのみですね。

声を合わせる事も響きを楽しむ事も暫くお預けとなりそうですが、画面越しでも皆んなと顔を合わせる事ができるのはzoomだから。
対面で歌える日が来るまでの間、このzoomの中でできる事を楽しみたいと思います。

      ( U )

12月8日 北川レッスン

2021年もあと残すところ1か月足らずとなりました。
冬本番を迎え、新型コロナのオミクロン株の感染拡大が
心配なところですが、予定どおり北川先生のリアルレッスンが始まりました。

曲は William Byrd Missa III vocum の中の CREDO。
長い難しい曲です。

練習は全員で歌わず、2パートで歌い、
残りの1パートは聴く、という形で進められました。
自主練もこの方法が良いとの事です。

もうひとつ、ハンドサインを使って童謡など
簡単な曲を歌ってみる。
これはピッチが下がらないようにするためです。
実際に今日の練習でも不思議なほど効果があったので
自主練でも毎回忘れずにやっていければと思います。

北川先生のレッスンは2時間、換気と休憩以外
雑談もなくびっちりご指導下さいます。
お話もわかりやすく、テンポ良く進みます。
親子ほどの年の差の私達、先生の率直な感想
を聞いてみたいところです(^ ^)
                  (Y)
                 
             

待望の対面レッスン

11月10日

 

ワクワク、ドキドキしながら迎えた北川先生初の対面レッスン。
ようやく実現しました♬
初めて聴いて頂いたクラルスの声は期待通り..?
予想通り…?

休憩を挟みながら、みっちり2時間集中しての初レッスンはZoomから引き続きBYRDのミサ。
・ フレーズを意識して歌う
・ 下降音階の時に身体を緩めない
・ 音楽を停滞させない→言葉の塊で歌う

先生をお迎えし、みんなと一緒に歌える事は
とっても幸せ💕
どうかこのまま平穏な日々が続きますように…

(u)

 写真は、練習場所の高槻・奥坂コミュニティセンター

待ちに待った対面練習

7月21日

一年延期となったオリンピックが開会しました。
かつて無い環境の中、精一杯頑張る選手にテレビの前から声援を送りたいと思います。

で、今日の練習は…
Kさんのご好意で、昨年の秋以来の対面練習が実現しました。
いつもなら近況報告から始まるところ、折角の貴重な時間、先ずは発声。
Zoomで練習を始めたバードのミサも2声ずつ、3声合わせて、と今譜読みを終えている曲は全曲歌う事ができました。
久しぶりにクラルスの響きを感じながら、同じ空間で歌えたこの時間はとっても楽しい時間でした。
どうぞこのまま対面で歌える日がずっとずっと続きますように…♬

      (U)

久しぶりのミサ曲 ♬

5月19日

先週に続き金岡先生のレッスンです。
先ずはいつものように身体をほぐし、続く発声では
息の流れの方向をハミングで確認しました。

BYRDのMissa KYRIEのポイント
アルト
 音は低いけれど響きは明るく!

ソプラノ
 動きの少ない中いかにして高い音を保つか。
 第一音は息の流れの中に音を乗せる。
        ↓
 歌う前に上から音をとっておく。

本来祈りの気持ちを持って歌う曲なので、ポイントは押さえつつ形にこだわり過ぎず自由さも大事、
とアドバイス頂きました。

You Tubeで何度も聴き、とっても素敵な曲だと思いました。
早くみんなと歌える日が来ますように…💕
 
(U)